Event

Event

Ivan Sigg 展

11月7日(水) ~ 25日(日)
11/10(土) 17:00 - 19:00 : 作家を囲んで懇親会

昨年の芦屋での展覧会から1年、Ivan Sigg は新作を携えて日本に再びやって来ました!
個展開幕です。

【Ivan Sigg】
イヴァン・シグはスイス出身の父と、フランス・プロヴァンス地方出身の母の間に、カサブランカ(モロッコ)に生まれる。
画家、彫刻家、小説家、イラストレーター、デジタルアートのパフォーマーである一方、企業の創造開発部門のコンサルタントも勤める。
2017年3ヶ月神戸で滞在制作、11月に芦屋市谷崎潤一郎記念館でアンスティテュ・フランセ関西後援の個展で作品発表。
今回の個展では、「フランスのアーティストは、日本の文化と出会った結果を何と制作したか」を視ることができる。パリ在住

Ivan Sigg is a French artist, of Swiss origin by his father and Provencal by his mother. He was born in Casablanca Morocco, but his name is Russian!
He is a painter, engraver, novelist, press illustrator, but also performer in animated digital painting and consultant in innovation and creativity in companies.
After several family trips to Japan, in spring 2017 he spends three months in Kobe.
In November 2017 Ivan had his solo show at Tanizaki Jyunichiro Memorial Museum of Literature, Ashiya sponcerd by INSTITUT FRANÇAIS Japon-Kansai.
In this exhibition you see the fruit of this residency or "How a French artist comes to meet Japanese culture".

Top