Laurence Getford


Laurence Getford

 mixed-media

初期の絵画から始まり、1970年代と80年代にLaurence Getfordの作品は、動気のあるの彫刻、映像、音響 、そして写真へと、展開していった。
1986年マルチメディア劇場のローレンスの作品がロバ ート・ラウシェンバーグの眼にとまって以来20年以上の コラボレーションが始まり、国際的に活躍するラウシェン バーグ作品を際立たせるデジタルフォト、音響の革新的な 技術を作成した。
このエネルギッシュな期間にローレンスは写真展、サウン ドパフォーマンス、又大学で教鞭を通して彼自身の存在をアート界に確保した 。

近年の中心となる作品は、大きいスケールからシフトした デジタル写真、一連の小さいドローイングと彫刻に代表さ れる。彫刻は、その辺にある物を利用して新しい形に思いやりを持って再構築される。
ドローイングは、色と線で体の動きを表現。その動きは空間の中に風景を生み出す。あるものは大胆であり、あるものは静寂である。
Laurence Getford はフロリダに住み創作活動をしている。


Laurence Getford is a visual artist and sound arts performer. He has been a pioneer in art mediums since the early 1970’s.
Growing from his initial interest in painting, he
expanded his exhibitions in the 1970's and 80's to include kinetic sculpture, analog video, audio, and photography.
In 1986 Laurence's work in multimedia theater attracted the attention of Robert Rauschenberg, leading to a collaboration spanning more than two decades. Working with Rauschenberg he created innovative techniques for digital/photo art and sound production that were instrumental in Rauschenberg’s art, which is exhibited and collected internationally. During this energetic period Laurence maintained his own presence in art through photo exhibitions, sound performances, and university teaching.
This current body of work represents a shift from the large scale, digital photography of recent years to a series of small drawings and sculptures. The sculptures utilize common objects that are thoughtfully re-combined into new forms. The drawings employ gestural strokes of color, line, and rhythm to create views of line in space, some bold and others quiet.
Laurence lives and works in the United States on an island in the Gulf of Mexico.