arrow

Ashiya-garo_image

Logo


芦屋画廊 は現代アートを中心に、国内外を問わず、Identity,Originality,Responsibilityを持った力有る作家を紹介。芸術在る居住空間を提供すべく、洗練された作品を提供しています。

Identity - 自分が何者であるかを知っている事
Originality - 誰の真似でもない、自分自身の創造である事
Responsibility - 自分自身に対し、又自分の生み出した作品に対し責任を持っている事

芦屋画廊 は常に誠心誠意で芸術家と鑑賞する人々との間を取り持ち、芸術の世界に取り組んでいます。

アクセスはこちら

開催中のイベント



event
Back

松山 修平 展 Shuhei Matsuyama
「SHIN -ON 2017」

7月11日(火) – 7月30日(日)
12:00 – 19:00 (月曜休廊)
作家在廊日 7/11, 12, 13休廊

2017. 7.11 (Thu) - 7.30 (Sun) closed on Mondays
12:00 – 19:00

オープニングパーティー
7/11(火) 17:00~


今回は 218 x 280cm の越前和紙に5人がかりで支え刷り上げた22版の大型新作版画を発表

Shuhei MATSUYAMA solo-show “Shin-on 2017” has started.
The main work of calcographie on 218 x 280cm Echizen Japanese hand made paper is worth seeing !

  • Ashiya-garo_image
  • Ashiya-garo_image
  • Ashiya-garo_image
詳細はこちら

松山 修平 展 Shuhei Matsuyama
「SHIN -ON 2017」

  • Ashiya-garo_image

【松山修平】
1955年東京生まれ。1976年イタリアに留学、在イタリア40年ミラノ在住
FERRARA(伊)現代美術館の個展、Wall Street Journal紙本社ビル(米NY)18mの作品、タイムトンネルゲーツ(博多)5mの柱のオブジェ、Fourseasons Hotel(サウジアラビア)、VIMERCATE(伊)総合病院の霊安室・葬儀場壁面大阪フェスティバルタワー内レストラン”アラスカ”エントランスの大円形作品等、音の視覚表現であり、絵画に成る音、自然・宇宙・人間の心奥を追求した、精神性の高い心象風景「SHIN-ON」をテーマに制作発表


Shuhei Matsuyama was born in Tokyo in 1955. After completing his studies at the Academy of Fine Arts in his hometown, he moved to Italy where he attended the Academy of Fine art in Perugia. In 1991 he moved to Milan and began an intense exhibiting activity that took his work around the world, from Venice to Tokyo, from San Francisco to New York.
Most notable are the 5 major SHIN-ON exhibitions held in Venice over 10 years each in coincidence to the Venice Biennale. In France his works have been used for the cover of the annual program of the Conservatoire de Paris. He has also been involved in numerous public space projects. He has been responsible for the production of a 5m-column sculpture in Hakata, Japan, a mosaic fountain in Rieti, Italy, and for the artworks used for the president suit room in the Four Seasons Hotel, Saudi Arabia, in addition to other projects in prestigious offices, hospitals, hotels, apartments and restaurants.


開催予定のイベント


next-event

Matthew Fasone “Reconstruction”

Aug. 22 - Sep.17 closed on Aug.28,Sep. 4, 7 - 11

ギャラリー紹介


現代アートを中心の企画画廊として1999年開廊以来、大正モダニズム、具体美術発祥の地、芦屋で皆様と共にアートシーンを歩んでまいりました芦屋画廊は、2016年7月より、京都国立近代美術館、京都市美術館、ロームシアターなどに近い、岡崎文化エリアに移転しました。
この地に相応しい芸術ある生活空間を提供すべく洗練された品質の高いアートをお届けしています。

専属インテリアプランナーを有し、常にアートとインテリアとの調和を考慮したアートコーディネートを個人住宅のみならずパブリックスペースまで手掛けています。

Ashiya-garo_image
Ashiya-garo_image
Ashiya-garo_image
Ashiya-garo_image
Ashiya-garo_image
Ashiya-garo_image
Ashiya-garo_image

Latest News


Ashiya-garo_news

今月の新入荷本

Ryo Kato
Eine endlose Geschichte

BookCafe
Ashiya-garo_news

BookCafe オススメ!!

エスプレッソとバニラアイスのマリアージュ
アフォガード  \600

BookCafe
Ashiya-garo_image

BookCafe


芦屋画廊-kyoto の2階には、選りすぐりのアート作品や美術書を楽しみながらおいしいコーヒーや軽食をお召し上がりいただけるBookCafeとなっております。

静かな落ち着いた空間で優雅な一時を過ごされてみてはいかがでしょうか。

  • Ashiya-garo_image
  • Ashiya-garo_image

Ashiya-garo_image

Access


● 京阪三条から東周り

● 京阪三条から北周り

〒606-8354
京都市左京区(新間之町通二条下がる)頭町357番地8(コインパーキング向かい 高橋税理会計事務所 路地奥)
TEL: 075-754-8556 FAX: 075-754-8446

Logo
芦屋画廊-kyoto - 〒606-8354 京都市左京区(新間之町通二条下がる)頭町357番地8
TEL: 075-754-8556 FAX: 075-754-8446

  • facebook
  • youtube

Top